消費者金融では専業主婦は申込めないので銀行カードローンへ申込

旦那はお金に誠実なので必要なお金がない時も中々相談する事が出来ません。なので何とか旦那に内緒でお金を借りたいと考えていますが、旦那に内緒でお金を借りたいと考えた場合専業主婦であればキャッシング出来るケースが普通の人よりも限られてきます。

 

キャッシングをするに祭し、通常のキャッシング会社では「継続して安定した収入のある方」という旨を融資条件としているので、収入のない専業主婦という事ではキャッシングをする事が基本的には出来ないのです。

 

パートやアルバイトでも収入があれば、貸金業法に基づき収入の3分の1まではキャッシングをする事が出来ますが、その収入がないのであれば他の方法を考えなければいけません。まず収入のないけ専業主婦がキャッシングでお金を借りたいと考えた時、1番最初の方法として考えたいのが専業主婦専用のローン商品です。

 

この専業主婦専用ローンは、銀行や消費者金融どちらでも取り扱っているところはあります。しかしその場合は配偶者に安定した収入がある事が条件となる為、配偶者である旦那に内緒でと考えた時には難しい部分が出てきます。

 

それは旦那の勤務先に在籍の確認は最低でも行う事で、内緒で申込みをして旦那の勤務先に在籍確認の電話が掛かればバレてしまいます。その点では銀行よりも消費者金融の方が融通がきくケースがあり、例えば直近2ヶ月の給与明細のコピーを提出すれば良い、前年度の源泉徴収票があれば良いという消費者金融も中には存在します。

 

また旦那の勤務先に在籍確認の電話をするにしても、直接旦那が電話に出なくても在籍している事が確認出来ればそれで良いというケースも考えられるので、申込みを行う際にはその旨を伝えて相談する事で旦那に内緒でキャッシングでお金を借りる事は可能かも知れません。

 

事実上は上記の様なケースが一般論になりますが、中小の消費者金融や街の消費者金融である街金などで取り扱っている専業主婦専用ローンなどがあれば、簡単な審査と確認だけでキャッシング出来るケースも考えられます。

 

いずれにしても旦那に内緒でキャッシングでお金を借りたいと考えた場合、キャッシング会社選びと内緒にしたいという事を理解してくれて配慮してくれる会社選びが必要となってくるでしょう。

消費者金融 専業主婦専業主婦 カードローン消費者金融 専業主婦専業主婦 カードローン消費者金融 専業主婦専業主婦 カードローン消費者金融 専業主婦専業主婦 カードローン消費者金融 専業主婦専業主婦 カードローン消費者金融 専業主婦専業主婦 カードローン消費者金融 専業主婦専業主婦 カードローン消費者金融 専業主婦専業主婦 カードローン消費者金融 専業主婦専業主婦 カードローン消費者金融 専業主婦専業主婦 カードローン